施工手順

全ての行程に全力投球、一切手を抜きません。

メインストリートのコーティング施工作業は、手間を惜しまない為,遠回りもありますし、時間のかかることもあります。しかし、我々の仕事に対する姿勢をご理解いただきたいため、ここに一般的なコーティングの施行手順をご紹介します。
1.ボディチェック
まずはじめに、車の塗装状態やキズその他、色々なダメージをチェックします。以前どのようなコーティングをされたかもお伺いすることもあります。なぜなら車種、カラーは一緒でも、これまでどのようなコーティングされ、どのような保存状態だったかによって、施工行程も異なるからです。
そして、お客様が気にしている場所やご要望を聞いて、ユーザーカルテに記入します。
 
2.ボディ・タイヤ・ホイルの洗浄
お車を長く乗っているとボディ全体にワックスや脂分などの汚れが付着していきますので、それらを取るため、タイヤ・ホイルなどの洗浄とボディ全体の脱脂洗浄(クレンジング)をします。
 
3.鉄粉除去作業
まず、鉄粉除去剤を塗りこみ、鉄粉を酸化させ除去します。
次に、鉄粉除去剤で取り除けないぶんを徹底的にネンドクリーナーで除去します。
 
4.エアーブロー
水滴は磨きの邪魔になりますので、洗車後の水滴を専用のエアーガンでを飛ばします。
 
5.マスキング
ボディのグリル回りや、樹脂部分、ガラス、モールなどをポリッシャーが当たらないように、また、コンパウンドの磨きカスが入らないように、丁寧にマスキングします。
 
6.磨き ポリッシュ
ボディの塗装、キズ、色など、状態にあわせて、機材(ポリッシャー)、コンパウンド、バフを組み合わせ研磨します。
 
7.脱脂
(6)と(7)の作業を各磨きごとに繰り返し行い、最後に脱脂をした後 、コーティング前に純水洗浄をします。
 
8.ガラスコーティング
コーティングは作業前にお客様に選択して頂きます。撥水系であれば当店オリジナル撥水グラスロックコートやDPRO、Type-GS、BPevo、セラシャイン。親水系であれば、クオーツガラスコーティング、DPRO、Type-FD。スクラッチシールド塗装であれば、DPRO、Type-RC。疎水系であればDPROーType-RSevo などと、バリエーションも豊富で全てのガラスコーティングにホイールルコーティングをサービスしています。
この画像はクオーツガラスコーティング施工です。
 
9.完成
コーティングが完成したら、納車直前に純水洗浄し、乾燥させてホコリなどが付かないようにして、納車待ちです。
10.納車
  スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。
お問い合わせ