こだわり

完璧なコーティングには、完璧な作業環境が必要、これがメインストリートの考え方です。このページでは特にこだわっている、機材、照明、水について解説させていただきます。

機材へのこだわり

車磨きのメイン機材、ポリッシャー、バフ、コンパウンドは特に数多く取り揃ております。同じ車種、同じカラーでも、使用頻度、保管場所により、塗装面は一台ごとに異なります。お客様のお車の塗装に合った組み合わせを的確に選択し、ガラスコーティングやボディーコーティングの磨き(下地処理)を施します。


照明へのこだわり

傷は照明の方向により、見え隠れすることはご存知かと思います。コーティング施工環境において、存在する傷を見落としてしまう照明では完璧な作業環境とはいえません。
また、ガラスコーティングは、フッ素系のコーティングに比べて粒子が 細かいので、傷やバフ目を見逃さないための照明、より繊細な目視での確認が必要となります。 メインストリートは、あらゆる角度から傷が見えるように、上部にはメタルハライドランプ35W、両サイドには70W、その間には、 ハロゲンランプ50Wを全部で40個設置、その他撮影用ライト500W4個を設置致し、どんな小さな傷も逃さないように配慮しています。


メタルハライドとハロゲンを交互に設置する理由

何故メタルハライドとハロゲンを交互に設置しているのでしょうか?
野球のナイターの照明は、オレンジ色と白色を交互に配置してあります。 白色の照明だけでは、白く光りすぎて球が見えないところを、 オレンジ色の光が球を見えやすくするからです。
磨きも同じで、色々な照明で、色々な角度から傷を見て磨いていきます。蛍光灯だけの光ではガラスコーティングの下地処理磨きはできませんし、見逃しがちな傷も、この照明によって発見できるのです。

水へのこだわり

コーティングと水・・・、一見何の関係もないように聞こえるかもしれませんが、実は最高のコーティングを施工するためには「水」は非常に大事なファクターなのです。メインストリートは、ガラスコーティングの塗装面との密着性を上げるために、不純物の一切ない水(超純水)を使用しております。


RO逆浸透膜浄水システム
逆浸透膜方式というろ過方法によって水分中の不純物を除去し、さらにイオン交換樹脂を通すことにより、超純水は作られます。通常、純水はTDSメーターで計測すると、005〜010の間ですが、超純水は000です。つまり不純物0の水です。


TDSメーター計測
098は不純物、塩素やカルキなど
TDSメーター計測
000=超純水
塗装に付着していくシミは、水に含まれる薬品などが影響するため、施工に関する水洗いでは、カルキの含まれた水道水は使用しません。 不純物のまったくない超純水を使用することによって、シミひとつないボディへと仕上がるのです。

逆浸透膜とは?

1950年代のアメリカで、海水を淡水化させる研究として始められ、1960年代から70年代にかけて開発された浄水システムを「逆浸透膜浄水システム」と言います。



海上での飲料水確保のためにイギリスの豪華客船クィーンエリザベス号にも採用され、近年ではほとんどの船舶が搭載し海水を真水に浄水して飲用しています。さらに、NASAのスペースシャトル・コロンビア号がこの 「逆浸透膜浄水システム」を搭載し、循環飲料水確保に用いられました。日本でもPKO(国連平和維持活動)カンボジア派兵やイラク派兵の際に、現地での隊員の飲料水確保に活用されるなど、その性能の高さ、安全性、信頼性は高く評価されています。

このような超純水(RO)水を下地処理前の洗浄から、コーティング前の脱脂洗浄まで使用することにより、ボディコーティングやガラスコーティングの密着性を高め、ガラスコーティングの定着を安定させます。不純物0の水は洗浄力が高いのです。
お問い合わせ